法華経一部読誦講習会 in WEST

一々文々のオウム返しによる一部経読誦の講習会です。令和元年より関西でも開講しております。

比丘尼?尼思仏?

常不軽菩薩品第二十に「師子月等五百比丘尼思仏等五百優婆塞」という部分があります。

「過去世において、常不軽菩薩を罵ったり、石を投げたりした増上慢の者たちは、他でもない、今ここで法を聴いているあなたたちのことですよ」とお釈迦様が明かされる場面の経文です。

この経文、皆さんのお経本では、どこに句読点が記してありますか?

 

恐らく、多くのお経本は「師子月等。五百比丘。尼思仏等。五百優婆塞」となっているのではないでしょうか?

法華三部経』(三木隨法編著)には「師子月等の五百の比丘、尼思仏等の五百の優婆塞」と書き下してあります。他にも、日蓮宗より発刊されている本の多くは、このように記してあることが多いと思います。

つまり、師子月たちは比丘(男性僧侶)で、優婆塞の代表は尼思仏という名前になっています。

 

ですが、岩波文庫の『法華経』では、「師子月等の五百人の比丘尼と思仏等の五百人の優婆塞」とあり、現代語訳も「シンハ=チャンドラーをはじめとする五百人の尼僧たち、スガタ=チェータナーをはじめとする五百人の女の信者たち」となっています。

 また、植木雅俊訳の『梵漢和対照・現代語訳 法華経』にも、「”月のように美しい師子”(師子月)以下、五百人の女性出家者たち、”人格を完成したという思いを持つもの”(思仏)以下、五百人の女性在家信者たち」と訳されています。

 

これらを読みますと、「師子月等。五百比丘尼。思仏等。五百優婆塞」が正しいように思います。

ならば、師子月たちは比丘ではなく比丘尼(尼僧)で、優婆塞の代表は尼思仏ではなく思仏という名前なのではないでしょうか?

ちなみに、岩波文庫の訳注には「思仏は(善逝を思う)の訳語で、羅什訳千仏因縁経には、思仏と名づける優婆塞が無生法忍を起した」と書かれており、「思仏」という名の優婆塞が他の経典にも登場していることがわかります。(同一人物かはわかりません)

 

実は、私が使用しています昭和41年改版発行の新頂妙寺法華経は「師子月等。五百比丘尼。思仏等。五百優婆塞」となっており、他の経本との違いが常々疑問でした。

頂妙寺版の巻末には「梵本を勘校しますと、尚そこに幾多の訓点の誤りが見受けられます」とあり、改版に当たり、最小限度に誤訓を訂正したと述べられています。

平楽寺書店刊行の『妙法蓮華経』二巻本(明治18年刊行の第三版頂妙寺版)を見ますと、「五百比丘。尼思仏等」となっていますので、この部分は昭和41年の改訂の際に変更された箇所の一つのようです。

岩波文庫、植木訳ともに「比丘尼。思仏」となっていることから考えますと、梵本にはそう記されているのでしょう。そして、「梵本を勘校しますと」と述べられた新頂妙寺版も同じように句切られたことは、不思議なことではないでしょう。

 

さて、この経文を日蓮聖人が「災難対治鈔」(真蹟現存)に引用されているのですが、そこには「尼思仏等の不軽菩薩を打ちて阿鼻の炎を招くも」と記されています。

漢文の御遺文ですが、その前の字は「五百比丘」ではありませんので、区切り間違いではなく、日蓮聖人は「尼思仏」と記しておられるのです。

このことから、日蓮聖人はこの経文を「五百比丘。尼思仏等」と読んでおられたと推測できます。

 

日蓮聖人の誤りだ!と申し上げたいのではありません。日蓮聖人ご在世の頃すでに、この経文は「五百比丘。尼思仏等」と句切ることが慣例だったのでは?と考えるのです。

日蓮聖人も、私たちのようにお師匠様や先輩方から一々文々でお経を習われたでしょうから、ご指導なさった方々がそう読んでおられれば、習う側も同様の読みを習得するでしょう。

上述したように、日蓮宗の経本や発刊書の多くが「五百比丘。尼思仏等」になっているのは、古来の慣例に加え、日蓮聖人の読み方を踏襲したのだろうと考えます。

 

ならば、日蓮宗の僧侶である私たちは、これに従って「五百比丘。尼思仏等」とお読みするのがよいように思いますが、新頂妙寺版で改訂されたように、学術的な根拠に基いて慣例を変更することも、正しい教えを後世に伝える上ではとても重要なことだと思います。

 

常不軽菩薩を罵った出家者たちが女性か男性か、優婆塞の名前が尼思仏か思仏か、といった違いですから、「教義・解釈に大きく関係する箇所ではないから大した問題ではない」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、2通りの読みがあることは事実であり、講習会でお経の読み方をお伝えする立場としては、何とも悩ましいことです。

 

先師の音義書に「今更改め難し」と書かれた箇所がたくさんあります。

当時はそうであっても、後世、学術的な研究や遺跡調査等から大きな新発見があれば、定説が覆ることがありますが、余程のことがなければ、今も昔も、やはり宗祖や先師からの読み伝えや慣例を改めていくことはとても難しいことです。

この箇所に限った話ではありませんが、どちらかが正しくてどちらかが誤りだ、と軽々しく断ずるのではなく、背景を詳しく知った上で、どのように読んでいくのがよいか、検討を重ねていかなければいけないと思います。

二佛並坐

皆様のお寺の御宝前は、どのような形態でお祀りされていますか?

 

御本尊の形態については諸論ありますので、ここで詳細は述べませんが、総本山の身延山久遠寺をはじめ、多くの日蓮宗寺院の御宝前は、一塔両尊四士に加えて四天王、文殊菩薩普賢菩薩、(+不動明王愛染明王)が木像としてお祀りされている所が多いのではないでしょうか。

僧侶あるあるだと思いますが、自坊の御宝前は見慣れていますが、他寺へ行きますと、自坊との違いが気になり、つい細部までキョロキョロ見てしまいます。

 

だいぶ昔の話ですが、ある時、行事で訪れた先輩のお寺の御宝前が、少し珍しい形態でお祀りされており、何とも不思議な思いを抱いたことがありました。

それは、須弥壇の中央に大きな多宝塔があり、その中にお釈迦様と多宝如来様が並んで坐しておられるお姿でした。

 

「見宝塔品」には、お釈迦様のお説法中に出現した多宝塔の中に多宝如来様がいらっしゃって、多宝如来様が座を半分お譲りになったところにお釈迦様がお座りになった、と説かれています。これを「二佛並坐」といいます。

経文に「入其塔中」「在七宝塔中」とありますから、お釈迦様と多宝如来様は、多宝塔の中にお座りになっておられるはずです。

そう考えますと、この先輩のお寺の御宝前こそが経文に忠実であり、自坊の一塔両尊は誤っているのだろうか?と悩んでしまったのでした。

 

「一塔両尊」の御宝前は、中央にお題目の塔があり、その塔の中ではなく、塔を挟むように、両側にお釈迦様と多宝如来様が坐しておられます。

これは、「観心本尊抄」に示された大曼荼羅御本尊のご説明の通りで、寺院の御宝前の一塔両尊四士はそれを木像に彫造して配列したものです。

ですから、一塔両尊の御宝前は大曼荼羅御本尊をお祀りしているのと同義であり、何か誤りがあるわけではありません。そして、中央のお題目は私たちをはじめ十界のすべてを照らして下さっているのですから、やはり御宝前の一番中央にあるのが相応しいのでしょう。

 

ですが、見宝塔品をお読みする度に先輩のお寺を思い出しては、御本尊のお姿と経文の違いが気になり、不思議に思ってしまうのでした。(今朝のお勤めが見宝塔品でした)

そして、どうせなら多宝塔は「住在空中」しているのですから、本堂の天井から吊るしてみては如何だろう?などと考えてしまうのでした。

 

まだまだ我慢の日々です・・・。

全国に発令されておりました緊急事態宣言や諸々の自粛要請もようやく解除され、少しずつですが、経済活動が再開されるようになってまいりました。

 

ですが、急な活動再開により再び感染拡大しては困りますし、また、毎日のように新たな感染者数が報告されるなど、都道府県によっては全く緊張を緩めるわけにいかない所もまだまだあるようです。

 

日蓮宗では、これから開催される予定であった講習会や研修会も軒並み中止や延期が決断されており、法華経一部読誦講習会も、なかなか再開の目途が立てられません。

 

一日も早く講習会が再開できますように祈りながら、引き続き、新型コロナウィルスの状況を注視し、検討を重ねてまいります。

講習会の再開が決定しましたら、ブログ等で告知を致しますので、もうしばらくお待ちください。

 

どうぞ皆様、引き続きご健康にご留意いただきますようお願い申し上げ、重ねて、新型コロナウィルスの早期収束を一心に祈念申し上げます。

講習会 in WEST ~四之巻~ 延期のお知らせ

誠に残念なお知らせです。

4月13日より大本山本圀寺様にて開催予定で準備を進めておりました「法華経一部読誦講習会 in WEST ~四之巻~」ですが、昨今の事情を鑑み、延期することと決定致しました。

既にお申込みいただきました方々、参加ご検討中でした皆様方には、誠に申し訳ございませんが、この度の延期決定に対し、ご理解・ご海容を賜りますようお願い申し上げます。

 

世界の情勢や政府の方針発表を聞きながら、心休まらぬ日々を過ごしておりますが、今後、万全の態勢で皆様をお迎えできる状況が整いましたら、速やかに日時を決定し、ご案内いたしますので、しばらくの間お待ちいただきたく存じます。

 

何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げますとともに、一刻も早く穏やかな日常が得られますよう、一心に祈念いたします。

講習会(池上)延期のお知らせ

毎日、新型コロナウイルスのニュースが騒がれておりますが、日蓮宗でも、大勢の方々が集まる行事の延期や中止が相次いでおります。

 

そして、誠に残念なお知らせですが、3月11日より開催が予定されておりました、池上本門寺での法華経一部読誦講習会〜八之巻〜を開催延期することと致しました。

 

事態収束の兆しが見えましたら、速やかに日時を定め、あらためて皆様にご案内申し上げます。

何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

また、4月13日より開催予定の講習会 in WEST〜四之巻〜は、今後の成り行きを見ながら、開催の可否を検討してまいります。

 

スタッフ一同、罹患なさった方々の一刻も早い回復と、一日も早い事態の収束を一心にお祈り申し上げます。

どうぞ皆様も、ご自身で可能な限りの自衛に努めて頂きますよう、お願い申し上げます。

身延で一部経読誦会!!

2月20日、山梨部経研鑽会のご発案で、御廟所にて一部経を読誦するという一大イベントが開催されました。

実際は、御廟所の拝殿を長時間占領しての読誦会は難しい為、御廟所の拝礼所である「常唱殿」にて、午前11時より夕方5時まで、一心に法華経一部を読誦させて頂きました。

f:id:budoku-w:20200222203053j:plain

山梨部経研鑽会の皆様の呼びかけに応じ、北は青森、南は…緯度で言うと大阪堺市ですかね?・・・と、全国各地から一部経読誦を志す方々が、なんと46名集まりました!!

加えて、当日、話を聞きつけて飛び入り下さったお上人様、身延山の学生さんもお越しになり、最終的には僧俗あわせて50人以上の大勢での一部経読誦となりました。

f:id:budoku-w:20200222203142j:plain

お恥ずかしい話、常唱殿へは、信行道場の際に訪れて以来一度もお参りしたことがありませんでしたが、なるほど、ここは御廟所を礼拝する為のお堂であり、堂内に座ると正面ガラスの向こうに御廟所を拝することが出来ます。

お経中はもちろん経本に目線が向いていますから、常に御廟所を注視して、というようにはいきませんが、一同の読誦する大音声は常唱殿から周囲へと響き渡り、御廟所へも届いていたことでしょう。

f:id:budoku-w:20200222203114j:plain

山梨部経研鑽会は、池上本門寺での法華経一部読誦講習会を全て修了なさった方が中心となって3年ほど前に立ち上げられた会ですが、年々、各地にて一部経読誦の機会が増え、このような大人数が集まるようになるとは、本当に驚きで大変感動しました。

 

池上での講習会も、3月開催の八之巻で計2周を終えることとなり、会にとっても受講生にとっても、また次のステップが始まろうとしております。

以後、講習会も一層盛り上がり、更なる結縁を得て、ますます全国に一部経読誦が広まりますよう、そして、一字一字の読誦が私たち僧侶の資質向上へとつながり、宗風宣揚し、正法興隆と相成りますよう、願って已みません。

 

最後に、このような素晴らしい読誦会を企画・開催して頂きました、山梨部経研鑽会の皆様に衷心より御礼申し上げます。

f:id:budoku-w:20200222203127j:plain

 

WEST 四之巻講習会、案内発送しました!

この度、4月13日〜15日に京都の大本山本圀寺にて開催致します、「法華経一部読誦講習会 in WEST〜四之巻〜」のご案内が完成致しましたので、発送いたしました。

 

近日中には皆様のお手元へ届くかと存じます。

スタッフ一同、より有意義な講習会になりますよう、力を注いでまいりますので、どうぞご参加ご検討ください。

f:id:budoku-w:20200217105305j:plain
f:id:budoku-w:20200217105318j:plain

 

毎度申し上げていることですが、この講習会は何之巻から始めて頂いても大丈夫です。もちろん、「一之巻から始めたい!」というお気持ちの方が多いことでしょう。

ですが、次の一之巻まで待っていますと、またその頃には一部経に対する熱意も変わっているかも知れません。

思い立ったが吉日です。

お手元にチラシが届きましたら、どうぞその流れでお申し込みファクスして下さい!

皆様からのお申し込み、お待ちしております。